Gmarket・韓国

Gmarket・韓国

Gmarket(ジーマーケット)は、韓国のショッピングモールサイトであり、韓国市場ではトップシェアを誇る


運営は電子商取引会社 eBay Korea 社。もともと Gmarket が社名だったが、2009年米eBayが株の過半数を取得、子会社化した。

歴史
Gmarketは2000年4月に設立されて以降、電子商市場において急成長、2006年6月には米ニューヨーク株式市場NASDAQに上場した。以降、米eBayの買収により子会社となり、eBay Gmarket へ、さらにその後 eBay Korea へと社名を変更した。登録会員数は1800万人(2009年現在)、日本、韓国、シンガポール、その他の地域においてインターネットを媒体とした電子商取引が主業務である。
2007年には、年間取引額3兆2500億ウォン、そして 2008年には4兆ウォン(2010年5月10日基準約3280億円)に達した。2009年4月、米eBay(イーベイ)が1株あたり24ドル、総額12億ドルで買収し、eBayの子会社となった。eBayによる買収と同時にNASDAQ上場は廃止された。2009年度通年決算発表によると、売り上げは3530億円(2010年6月1日の為替基準で換算)、月間純訪問者数は1800万人である。


海外への展開
2010年6月、Gmarketの創業者、ク・ヨンベは、GmarketのeBayへの売却後、eBayと51対49の比率で2000万ドルを投じ、シンガポールと日本に現地法人を設立し進出した。日本での現地法人は、「ジオシスGmarket合同会社」である。今後は他のアジア地域にも進出する予定だとしていた。2011年4月、インドネシアとマレーシアのサイト開設。2012年7月には中国(上海)および香港のサイトを開設した。
2012年5月より、ジオシスグループ傘下の韓国国外でのブランド名をGmarketからQoo10(キューテン)に変更したが、サービスの内容に大きな変化は無い。

wikipedia



Gmarket

Gmarket(英語版)

qoo10.jp(日本語)



韓国といえば、美容グッズにアパレル関係が主力、他にもK-POP関係のアーティストアイテムにも注目できる。
また、英語版もあるので日本からでも購入はしやすいと思います。

日本版のサイト「qoo10」もありますが、やはり現地のgmarketの方が安くてレアアイテムが見つかる気がします。

コチラからアマゾンの韓国販売商品をチェックしてみましょう

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket
LINEで送る