グーグルショッピング(google shopping)

グーグルショッピング(google shopping)

ショッピング専用のグーグル検索エンジン


何かネットで買い物をしようとするのなら、まずは検索をすると思います。
グーグルショッピングは、買い物専用のツールなのですが、国内に限らず海外も対応しているのですが、ちょっとコツが必要になります。

グーグルショッピングの日本ページは…
http://www.google.co.jp/shopping
コチラのURLなのですが、基本的に国内のショップの検索になります。

海外のグーグルは…
「https://www.google.co.jp/」ではなく「https://www.google.com/」なのですが、普通に日本から使うと自動で「https://www.google.co.jp/」日本版に転送されてしまいます。

これは、海外ショップを探す為に海外のグーグルショッピングを普通に使おうとしても、日本のグーグルショッピングに転送されてしまいます。
そこで、URLをコチラに変更して検索すると海外のグーグルショッピングを使用することが出来ます。
http://www.google.com/shopping?hl=en&tab=wf

これで、海外ショップと商品を探すことが出来ます。
※もちろん商品名は英語で打ち込んでくださいね。


それでは、使い方と特徴の説明です。
1

・左上に国籍や住所を入れれば、そのエリアのショップを検索する事が出来ます。

・左下には有力なショップ名が自動で表示されるのですが、注目すべきは「ebey」での、検索候補まで表示してくれるという事です!
これで、ショップとオークション同時にある程度探せますね。
※ここで完全に決めずに候補からのリンク先で、さらに探しましょう。

・右上には価格順等ソート機能があるのですが、オススメなのがレビュー順の項目です。これは購入者のレビュー数も見れるのですが、アマゾン等のステマ(ステルスマーケティング)は基本的にグーグルでは出来なくなっていて、かなり信頼性が高いので、価格よりもレビューに注目するほうが、経験上いいショップを発見できる気がしますよ。

あと、怪しいショップや身元確認が出来ないショップは、アドセンス&アドワーズ共に登録不可なので、ショップ信頼性はかなり高いです。
逆に言うと、広告費が発生するので、個人の小さなショップ等は見つけれないので、あくまでザックリ探す感覚でまずは目星を付ける程度にして、検索結果と相談しながら取引店舗をじっくり探しましょう。


グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚

文藝春秋
売り上げランキング : 138929

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket
LINEで送る